費用のご案内

相談したいが、費用が高いのではとご心配していませんか。

報酬額の一例

依頼項目 報酬額(目安)
ご相談 5千円/時間(消費税別)(短時間の電話相談・受任の場合は無料)
着手金 5万円(消費税別)(最終的な報酬額の内金となります)
保険金請求書の作成 基本書類(保険金請求書・賠償額の算定・申立書等)作成費用10万円(消費税別)
事故状況報告書の作成 過失割合について、事故の相手(任意保険会社)との話し合いがつかない場合には、検察庁での事件記録の閲覧・複写や事故処理担当警察官との面談、事故現場での測量・写真撮影等、過失割合について事実事項を再調査いたします。
費用は基本料金10万円(消費税別)、但し事故内容により変動あり。実況見分調書等(事件記録)取付け5万円(交通費・消費税別)
被害者請求(傷害) 事故の相手が不誠実な場合や、ご自分の過失割合の方が大きく、相手の加入している任意保険会社が対応してくれないなどの場合には被害者請求(16条請求)が可能です。費用は、5万円(消費税別)です。但し請求に必要な事故証明書、診断書・診療報酬明細書等の取付けは貴方様から保険会社に依頼していただきます。
後遺障害申請・認定等級異議申し立て 事故より6ヶ月以上経過しても痛み・痺れなどが取れない場合で、医師が後遺障害有りと認めた場合には被害者自らが後遺障害申請手続(被害者請求)をする事が可能です。また、後遺障害に認定されたが、認定等級に納得がいかない場合には異議申立手続が可能です。
費用はいずれも10万円(14級、消費税別)但し認定等級及び異議申し立て等級により費用が変わります。尚、後遺障害診断書、診断書・診療報酬明細書、X-P・MRI写真等の取付け費用や医師面談が必要な場合には医師面談料、日当、交通費等が別途必要です。すでに示談が終了している場合には、手続きに必要な一件書類・X-P写真等は保険会社より借り受けることになります。

※上記金額は基本的費用です。さらに詳しくご説明しご納得の上、受任させていただきます。

Copyright© 交通事故相談窓口 All Rights Reserved.