行政書士の交通事故業務

行政書士の交通事故業務の根拠

行政書士法第一条の二

「行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て官公署に提出する書類・・・・
その他権利義務または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類図面等を含む)を作成することを業とする。」
交通事故業務における事実証明書類作成には次のようなものが有ります。

行政書士の役割は

交通事故相談窓口の三つの特徴

三つの特徴

いずれの場合も損保会社での経験が豊富なスタッフによる対応が出来ますのでご安心してご相談下さい。

交通事故損害賠償の3つの基準

交通事故のおけがの賠償には3つの基準が有るのをご存知ですか

お困りではないですか?

交通事故にお遭いになって、こんな事に困っていませんか。

  • 保険会社から賠償額の提示を受けたが金額に納得がいかない。
  • 交通事故の後遺障害の痛みで困っている。
  • 後遺障害の認定等級に納得がいかない。
  • 交通事故のおケガで仕事が出来ない(収入が無い)。
  • 当面の治療費を払えない。

少しでも当てはまることがありましたら、お気軽に下記へご相談下さい。

電話でのご相談 03-5952-8668
メールでのご相談はこちら

交通事故相談窓口のご提案

当事務所は、皆様に代わって次のことをご提案させていただきます。

Copyright© 交通事故相談窓口 All Rights Reserved.